★日雇いの仲間に未明の襲撃

 ★日雇いの仲間に未明の襲撃

 満月の月夜に浮かれた馬鹿者共が深夜徘徊する今夜2時過ぎごろ、東住吉区内の公団住宅下のベンチで休息をとっていた日雇い労働者のAさんが、10代の若者らしき数人に腐った乳飲料入りペットボトルを膝に投げつけられ履いていたズボンを汚され濡らされる被害に遭った。Aさんに打撲などは無いが、その10分くらい前までAさんがベンチで休息をとっていることを確認した10代の若者どもが”俺ここの住人やから騒いでもええねん、寝てる奴の首と頭を蹴ったら面白いやろな”などと騒ぎながら口走ったという。この日は日雇い仕事後に長居公園で下車させられ、友人宅にも泊まれず、近隣の公団下ベンチで疲れ果てた身体をやむなく横たえて休息をとっていたといい、同様に1週間ほど前に同所のベンチで休息をとっていた時にも”寝てる奴を蹴ったりしたらオモロイで”などと同じ10代の若者らに聞こえるように言われていたといい、その時は警官が来て騒いでいる若者らに説教し、解散させていたという。
 同所には防犯カメラもあり、Aさんは”馬鹿なことをやると、一部始終が防犯カメラが作動していれば記録される。それでもやる馬鹿者共はダミーカメラだと分かっているか確信犯のいずれかだ”と憤りを訴えていた。
 日雇い仕事後に終電を逃し疲れ果てて、解散地近くの公団下ベンチで寝入ってしまうAさんへの襲撃行為は、そういった襲撃行為に遭わされる多くの野宿者個々人はもちろん、野宿をせざるを得ない状況に追い込まれベンチで暫く休息をとることになる総ての個々人への攻撃とも言え、絶対に許してはならない犯罪である。今年も来た襲撃の秋。楽しみとして行われ、喜々とした野宿者襲撃を絶対に許すな!(★)

広告

現在コメントは受け付けていません。