★天王寺夜回り5jun2014

涼しいが、平日だというのに20代のabenomiKKK$ええじゃないか浮かれ豚野郎が横並びで道一杯に広がったり、乱暴・狼藉・雄たけび吐きまくりの鬱陶しい夜だった。上流酔っ払いドモは、貧困者を更に陥れる策略と経営者ドモを甘やかせる企図で親米ヤルタポツダム体制打倒の親米を装った極右政党と”アッそうかガッカリ”と民衆をたぶらかせる宗教を支持母体とした政党が野合した現政権の暴走を更にええじゃないかと煽る役割を自ら担っており、たかが酔っ払いなどと言えるようなものではない。

そんなJR天王寺駅前周辺で今夜もささやかながら夜回りを行った。JR天王寺駅前では、さまよう野宿者をのぞき5名以上が風があり比較的肌寒い中でささやかな休息を得ていた。天王寺公園では、足の悪い元野宿者が車椅子で涼んでいるのにも出くわした。”オクトーバーフェスト”なる迷惑事案が終わり、園内では20名以上が肌寒い中でささやかな休息を得ていた。とはいえ、酔っ払いに神経を尖らせる毎日が続いたある野宿者は、もはやいつも見せていた人懐っこい笑顔を失っていたくらいに神経をすり減らして疲れていた。如何に酔っ払いドモが酷かったか、今も酷いかを無言で教えてくれていたのだ。ある軽い精神疾患を抱えている半野宿者は、いよいよ本格的な野宿で日々を過ごさざるを得なくなったようで、衣服も着たきりになっていた。園内円形ベンチは、なし崩し的に月例にされた嫌がらせ目的も兼ねた消毒清掃が6日に行われるとの事で告知が出ていた。
新世界では10名が、方々でカナリ荒れた酔っ払いやヤクザの大喧嘩の怒声の中もものともせずに休息をとっていた。直接は影響の無い場での喧嘩群だったため、影響は無いと判断し引き上げたが、abenomiKKK$がこういった連中をも生み調子付かせているのは確かだ。(★)

広告

コメントは停止中です。