☆天王寺夜回り12jun2014

大気が不安定で、各地で竜巻警報が出るなどする雨上がりの今夜は、比較的肌寒い夜だったが、浮かれる材料など何も無いのに浮かれた上流酔っ払いどもが平日にもかかわらず、エラそうに我が物顔で歩いていた。夜回り前に”脱法ハーブ”とやらか酒でラリった10‐20代の廃人ドモが意味不明なことをワメキ散し街路樹に喧嘩を売る横で休んでいた野宿者が致し方なく難を避けるために立ち去ったのに出くわしたが、それと入れ替えに来た制服警官があろうことかその野宿者を職質するので、”暴れとる奴はあいつや、この人は被害に遭いそうやから避難しはっただけや。はよ何とかしたってくれ”と一言言わねばならないハプニングも。その野宿者も”なんでこっちが職質されやなあかんねん、如何見てもアイツらに先聞かなあかんのちゃうんか”と当方にボヤキながら呆れていた。ともかく…

JR天王寺駅前では、さまよう野宿者を除き5名以上が休息をとっていた。天王寺公園では20名以上が野宿していた。常宿の野宿者ではない数人を見かけたが、そのうちダンボールをうまく確保できず半身程度しか敷物が無い方に持参していた物資カンパでいただいていたヨガマットを手渡し使っていただいた。新世界では10名以上が比較的静かな夜に休息をとっていた。来週以降は忌々しいことこの上ないワールドカップ馬鹿ドモも繰り出しろくな事が起こらないと思われるので、ささやかながら夜回りを継続する。(★)

広告

コメントは停止中です。