1月, 2015 のアーカイブ

★IWA-AIT(世界労働者協会)― Amazonとポーランド語圏amazonで派遣労働させているマンパワー、アデコ、ランスタッドへの抗議要請

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 27/01/2015 by voiceofrebel

世界各地で”世界最大級の品揃え”というキャッチフレーズで、通販事業展開しているアマゾンの欧州販売サイトの一つであるドイツ語圏アマゾンは、ポーランド語圏西部ヴロツウァウ(ドイツ語名ヴレスラウ)辺りにある流通拠点倉庫など2流通拠点倉庫において現地手配の労働者をマンパワーなどの大手派遣会社に作業に就かせ、”客本位”の企業努力を末端派遣労働者の血の滲むような超過勤務や低賃金、残業代不払いなどによって行い殺ぎ落とすことによって可能としてきた。”人に優しく”、”儲け度外視”などと賞賛されさえする創業者でありCEOのジェフ・ベソスの”理想”とは別に、当然ながら膨大な品目を扱い膨大な注文を扱わねばならないロジスティックスを支える労働者の負荷は膨大で際限ないものとなる。このことを気にもかけないジェフ・ベソス尊崇者たちに見えない現実は、まさにその奴らの見ていないロジスティックスを支えている無意識の労働者虐待に直結しているのだ。 日本列島では、もっと酷い企業ばかりだが、そんな低レベルな悪標準に慣れ親しまされている我々個々人は、労働者の負荷を強いて恥じず尚労働者に恐怖支配を行う企業やその現場責任者どもを甘やかし過ぎていることを真剣に反省せねばならない。 アマゾンは日本列島では”マシな企業の内の一つ”であると思わされるほど、それほど惨憺たる現状だということを真摯にとらえ、何をすべきか、何をしないでおくべきかを肝にすえて行動すべきである。浮かれているような無駄を排せ。そして例え闘えないまでも虐げられる個々人と可能な限り繋がり抵抗しよう。 労働者に文字通りの血汗を強いる奴らを踏ん反り返らせるな!(★)

★IWA-AIT(世界労働者協会)― Amazonとポーランド語圏amazonで現地労働者を派遣労働させているマンパワー、アデコ、ランスタッドへの抗議要請

 

 我々は、通販会社Amazonとそのポーランド語圏にある2つのフルフィルメントセンター(アマゾン流通拠点倉庫?)に労働者を派遣する労働者派遣 会社マンパワーへの抗議を、2015年1月26日ー31日までの間、呼びかける。(労働者派遣会社アデコもしくは同派遣会社ランスタッドにもピケが行われる事になるだろう) ポーランド語圏におけるAmazon倉庫群の労働者は劣悪な酷い労働環境に対峙して闘っている。 --労働者が自ら組織し欧州における幾つかの場で起ち上がっている間、Amazonは、労働者が同社の欧州の対応拠点の一部門でのみ収入を得ていたポーランド語圏に2つの新たなフルフィルメントセンターを開設した。 その職場において、Amazon直雇用の労働者と派遣会社(マンパワー、アデコ、ランスタッドなど)からの労働者のいずれからも数多くの虐待報告が既にある。 ZSP労組アマゾン部会は、賃金支払い遅滞、不当な支払い(過小賃金)、時給払いもなく割り当てられていない仕事まで(残業代不払い)などの低賃金、健康 保険の無い労働者、健康を害する恐れのある環境などや、2倉庫での同一事業所内での同一作業で違う賃金など、有賃休憩(日本列島のアマゾンでは午前15 分・午後15分という感じで2度とのこと)や昼食時間(日本列島のアマゾンでは1時間休憩とのこと)などの休憩時間不足といった諸問題――の不当な扱いの 数々を報告している。

抗議文書は、amazon.zsp.net.plのフォームより送ることが出来る。 レターヘッドの宛先としては以下のように: CEO ジェフ・ベソス(Jeff Bezos) jeff@amazon.com もしくは CEE Director ケリー・パーソン(Kerry Person) kerry.person@amazon.com 英文サンプルリーフレットは以下のIWA宛先にメールされたい: secretariado@iwa-ait.org 以下は、IWA-ZSPの英文抗議要請文と英文抗議サンプル文(サンプル文はイタリック表記のもの): For Better Working Conditions in Amazon! Support the struggle of workers at two fulfillment centers in Poland for better working conditions! As the Amazon workers in UK, France and Germany have organized themselves and have even gone on strike, Amazon decided it would be profitable for them to find a cheaper workforce, more desperate for employment. They opened two centers in Poland, where the wages are only a quarter of those in Germany. The warehouse mostly services orders for other countries, especially Germany. The working conditions are even worse than in other countries. Not only the low pay and long hours. Some Amazon workers, especially those hired by agencies, complain of a number of problems including late payments, incorrect payments, not having the mandatory health insurance payments, etc. etc. There is also the matter of workers in one center having a higher rate than in the other. Send a letter of protest to Amazon and to their agencies ? Manpower, Adecco and Randstad! You may send the sample protest below or you can change the text and send your own.

We are writing to support the campaign for better working conditions in Amazon Poland. Many workers have complained of late and improper payments. Some complain that they were not paid for the time they after they were hired but not working (postojowe) and that they were not insured with social security. The workers in Bielany Wroclawskie make less money than in Sady. They are forced to move heavy loads with hand-held carts. The work long hours without a break and hardly have any time to eat lunch. For all their hard work, they earn starvation wages. We support demands of workers to get what they are entitled to under Polish law plus equalization of wages, a paid break and extra payment for work in the night and on Sunday! No to exploitation in Amazon!

抗議宛先群は、以下: CEO Amazon jeff@amazon.com Kerry Person, Director of Operations, CEE kerry.person@amazon.com Manpower Headquarters, US Ania.Waszkiewicz@manpowergroup.com Poland Headquarters, Manpower manpowergroup@pl.manpowergroup.com Poland Headquarters, Adecco biuro.hq@adecco.com Randstad Polish Headquarters firma@randstad.pl

広告

★天王寺夜回り 21 jan 2015

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 22/01/2015 by voiceofrebel

”シリア国家実効支配地域”のISIS(I$I$と表記)実効支配地域かは定かでは無いがフリージャーナリストと正体不明の自称”民間軍事会社員”という”日本人”がI$I$に拘束され2億を身代金として支払えと極右アベ政権に迫っている最中の今夜も夜回りを行った。積極的に自らを”日本人”と誇らしく自称していう個々人には残念かもしれないが、そんな夜でも新年会とやらで浮かれまくった群れ群れが雑踏を我が物顔で歩き毎度ながらに鬱陶しい夜であった。雨が降るという予報が出ていた事もあり、事件も起こっているので少しは奴らもトーンダウンしているかとほのかに思ったが、ヤッパリ予想通りの大迷惑を居直り意味不明な浮かれ方をしていた。いつも思うのだが、こんな時に極右諸君は何故”義憤”して奴らをぶちのめさないのか不思議でならない。絶滅寸前の赤い風呂敷や赤いハンカチ振る他称”サヨク”虐めや東アジア系外人排斥には必死のパッチだが、肝心の一番の”奸族”には鉄槌をおろさないのか?と。 その昔、街宣装甲車で暴走族狩りをやった右翼のおっさんどもにブロックや角材を投げつけられたりして襲撃を受けたことのある個々人ならば、特に不思議に感じるはずだが。そんなことはともかく…

今夜は雨が降る予報だったがJR天王寺駅周辺で浮かれた街とは別の厳しい路傍で、ささやかな休息をとる野宿者に参加者持ち寄りの簡易カイロを配布した。雨の予報もあり人数は少なかったが、駅前で5名以上、天王寺公園内で10名以上、新世界で5名以上が休息をとっていた。何人かには雨が降る予報だから雨を避けられる所に行けたら、避難するよう言っておいた。駅に着く頃にはポツポツと降り出してしまい濡れやしなかったか心配だったが、既に電車に乗ってしまっていたため、どうにも出来ず帰ることになった。

天王寺布施夜回りの会は来週も夜回りを行うので、メール連絡の上、参加を。

kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOT)ca

I$I$も極右どもも仲良く死滅せよ★今週も夜回りを予定

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , on 21/01/2015 by voiceofrebel

★今週も夜回りを予定

also this week, we’ll organize a night-patrol for homeless persons on the roadsides near the JR tennouji station. you will not be able to join us if you will not write an e-mail to us. when you will have a will to join the night-patrol, you must bring an useful good for most of homeless persons. …first of all, write to following e-mail address: kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOT)ca

thanx.

★今週も夜回りを予定

今週もJR天王寺駅周辺にて、ささやかながら夜回りを行う予定です。参加する意志のある方は、以下のアドレスまで事前連絡の上、集合場所・時間などを確認し、厳冬期の路傍で休息をとることになる両手の荷物で手一杯の野宿者が”必要と思われるもの一品”(例えば簡易カイロ=”貼るカイロ”など)を必ず持ち寄 りで参加してください。

kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOt)ca

★今週も夜回りを予定

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , on 13/01/2015 by voiceofrebel

also this week, we’ll organize a night-patrol for homeless persons on the roadsides near the JR tennouji station. you will not be able to join us if you will not write an e-mail to us. when you will have a will to join the night-patrol, you must bring an useful good for most of homeless persons. …first of all, write to following e-mail address: kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOT)ca

thanx.

★今週も夜回りを予定

今 週もJR天王寺駅周辺にて、ささやかながら夜回りを行う予定です。参加する意志のある方は、以下のアドレスまで事前連絡の上、集合場所・時間などを確認 し、厳冬期の路傍で休息をとることになる両手の荷物で手一杯の野宿者が”必要と思われるもの一品”(例えば簡易カイロ=”貼るカイロ”など)を必ず持ち寄 りで参加してください。

kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOt)ca

 

★天王寺夜回り 7jan2015

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , on 08/01/2015 by voiceofrebel

★天王寺夜回り 7jan2015

風があり、少し雨もパラついた今夜も新年会とやらで意味不明に 浮かれた邪魔で鬱陶しい群れ群れとは 別に、路傍でささやかな休息をとるしかない野宿者に持ち寄りの簡易カイロや携行可能なコンパクトだがふかふかした毛布1枚などを配布するなどしてJR天王 寺駅周辺で夜回りを行った。

さまよう野宿者を除き、天王寺駅前では10名以下、天王寺公園内では15名以上、新世界では10名程度が野宿していた。

天王寺公園は今月も毎月恒例になってしまっている円形ベンチの水拭き清掃が雨天で無ければ9日朝に予定されて年始早々の嫌がらせが行われる。

新世界では、野宿経験の浅い方が段ボールだけ敷いて寝ていたため、それに幾分かの段ボールを確保してきて囲いを作ってあげた上で、本人が望んだため持参の携行可能な毛布を手渡したところ、少しは寒さをしのいで休めると言っておられた。

場所は特定しないが、よく見る女性野宿者も、いつもは簡易カイロを遠慮して受け取らないことが多いが、喜んで受け取ってくれていた。

ま た新世界では野宿者ではないが、同所の店で仕事を始めたという元仕事の同僚にも会った。料理人のいでたちで片付けをしていたが、浮かれた酔っ払いが嫌い だった彼は、酒飲みと如何向き合っているのだろうか。奴らがあまりにも酷いと彼の鍛えた拳が炸裂してしまい、仕事を失いかねないのでそれが何だか心配だっ た。

昨夜は、夜回り前に試写ビデオ屋で仕事を始めるという元野宿者に会った。うまく行くといいが、記憶が確かなら893経営の店なのでおかしなことにならなければ良いが…気を付ける様にとは言っておいた。(★)

*night patrol 31 dec 2014-1 jan 2015

Posted in 未分類 on 03/01/2015 by voiceofrebel

★天王寺・布施夜回り31dec2014-1jan2015

”カウントダウン”イベントなるものや”初詣”とやらに浮かれた個々人の群が商業主義の演出する虚飾の街角で大手を振り、”植民宗主国”の”罪もない”らしい他者の不幸にあぐらをかく幸福を日々噛みしめる”植民宗主国市民”どもが如何に恥知らずであるかの競演を繰り広げる頃、内国植民地である相対的貧困層以下の個々人は何とか一年を過ごせたという安堵もなく、この厳寒と否応無く向き合い闘うしかない今の連続を生きている。厳冬の路傍でささやかな休息をとるしかない野宿者は言うまでもなく死とも背合わせの闘いの中にいる。各国家群の利益やI$I$などとの四面楚歌の闘いを強いられているロヤヴァのクルドの民や、その他我利我利亡者共の資源収奪に泣かされ生存権を脅かされているカレンの民の闘いなどとは植民宗主国におけるそれは切実さが違うだろうが、誰にも頼れぬ状況は負けず劣らず変わらない。いうまでもなく、統治機構や醸成された”多数派市民社会”とも対峙するしか生きられないそういった総ての四面楚歌の闘いにささやかながらも心から連帯を表明する。  ともかく、年末から年始に変わる昨夜もささやかながらJR天王寺駅周辺部と近鉄布施駅前で夜回りを行った。
JR天王寺駅前では、さまよう野宿者を除き10名くらいが、ささやかな休息の場を得ていた。赤い”反失連”の”釜ヶ崎越冬闘争”の最中であるので、そちらに世話になっている個々人も多いかもしれないが、”闇福祉(=poverty pimps)”などの無い者を利用して儲ける連中が毎年のように親切顔をして野宿者を連れて行くので、そちらに引っかかってしまった個々人もあると思われる。南港臨時宿泊所閉鎖にも特段の異議を唱えることが無かったと思われる、釜ヶ崎に支援を集中し”厳しい状況は釜ヶ崎に集中している”とする”反失連”などの支援組織は大阪市・警察などの”浄化”策動にも”自治”とした”自浄作用”を自ら醸成してこの10年来、事実上の沈黙を自らのものとして地区内のテント小屋・廃車に住まう個々人を当人の意志の如何にかかわらず”屋根”は最低条件として居宅保護させていった。その中でも釜ヶ崎という場の中でやっと支えられてやれていた個々人が、”屋根”を獲得したところでやっていけるとは限らず、より厳しい状況の周辺部で”屋根”を断念させられるか自ら断念して再野宿するということにすらなっている状態に何度出くわしたことか・・・ 釜ヶ崎反失連もかかわるNPO釜ヶ崎支配機構が長居公園野宿者反排除反撤去闘争時に”野宿状況解消”を唱えて野宿者とそのテント村群に対する排除にものを言わず、反排除闘争やそれにかかわる個々人への圧力をかけ、そればかりか釜ヶ崎の殆どの活動家を抱きこんでその仕事先ともなった2000年末に開設された長居公園シェルター(行政名=長居公園仮設一時避難所。)運営側になり、野宿者に屋根を提供する方向で排除にこだわらない野宿者支援法の立法にさえ動いた事で何が起こったかを知る者としてはその事を黙っていられない。

いわば、その延長線上に、バックパッカーの租界・福祉の街策動と連動した寄せ場解体の街づくり推進、長らく警察が知って知らぬ振りをしていた薬の売人狩りや煌々と昼のように必要以上に明るくされた街路への監視カメラ群設置強化、作業着の西成署警官=人狼や行政委託警備会社による巡回、センター解消策動と”特別就労”枠や南港臨泊(南港臨時宿泊所)縮小無化策動…などの釜ヶ崎の”あいりん対策=治安対策・スラムクリアランス”推進の今がある。

2000年当時、”NPO釜ヶ崎支配機構は大阪市などから十手を持たされた岡っ引き”などと言おうものなら赤い連中=反失連関係者から敵意をもってトンデモナイ奴だと非難されさえしたが、今も彼らが携わったものの結果を見て”オマエ、始末されるで”とあの時のような勢いで食ってかかったり”身辺用心しぃや”と警告する反失連の息のかかった個々人が居るから嘆かわしい。2002年3月発足の”失業と野宿を考える実行委員会(失野実)”結成に中心的役割を持った、その当時の再建された長居公園仲間の会や元長居公園現場闘争団生き残りメンバーおよび釜ヶ崎医療連、釜ヶ崎パトロールの会メンバー有志などが警鐘を鳴らし反対した”予測可能な未来”が、やはりそこに現実になっているのだから。現在の失野実がどういう見解を持っているかは別として、当時の初期失野実に集った個々人は、そういう危機感をもって野宿者排除に文字通り対峙していった。そして2006年1月の靭公園テント村叛撤去闘争後の弾圧群を経て力を殺がれて行った。今もって当時の失野実の見解が間違っていたとは思えないような当方は当然ながら敵として対峙してきた大阪市などの統治機構や赤い反失連およびNPO釜ヶ崎支配機構がやむにやむなくやったことだったなどという甘っちょろい見方には一片たりとも賛同などしない。ともかく…
天王寺公園では15名くらい(敢えて実数をぼかしている)が吹きっさらしの園内の何とか風を防げる場で休息をとっていた。風で段ボール囲いが壊れたまま眠ってしまっている方もあったため、簡易カイロを配布した上で直して行くことも多かった。
新世界では、10名程度が浮かれた酔っぱらい共と向き合わせられつつも、ささやかな休息を得ていた。その後、移動中の生野区内で寝袋も羽織る毛布もないというさまよう野宿者に本人が望んだので持ち寄られた携行可能な毛布と簡易カイロをセットで手渡すことになったが、”これで良い年を迎えられます”と軍隊式の最敬礼をされたのにはまいった。聞けば、退役自衛官とのことだった。  近鉄布施駅前ではよく見知った野宿者と再会し、その後の話をすることになったほか、何人かの初顔の個々人もいた。(敢えて居場所は特定しない)  年始も天王寺布施夜回りの会では、可能な限り夜回りを行う予定。参加の意志がある方は、以下のアドレスに連絡の上で簡易カイロなどの持ち寄りの一品を持参して参加を。 kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOt)ca
(★) 2-a de januaro 2015