故天王寺公園東側エントランス付近 のアーカイブ

☆近鉄に実効支配されトドメを刺された故天王寺公園が”天王寺私園=てんしば”として”開園”

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , on 01/10/2015 by voiceofrebel

tennouji_park_passed_away1oct2015sougi

☆近鉄に実効支配され

 トドメを刺された故天王寺公園が

  天王寺私園”てんしば”として”開園”


 

 

ヤクザ以下の大阪市の”市民から管理権を委任されて管理している”にすぎない公園の近鉄への市域住民や利用者への了承無き又貸し状況開始に伴う故天王寺公園に最後に残された無料地区=同園東側エントランス付近の囲い込み占拠実効支配は、2015年3月から市の主張する”有識者”どもの意味不明な”了承を得て”開始され、鋼板によるマトモな告知無き突然の囲い込み実効支配を経て、当初の予定である9月を越え本日10月1日朝9時半より”開園された”という。神無き10月に奴らが故天王寺公園東側エントランス付近と有料地区の一部の20年におよぶ実効支配権を獲得して造作を加えネーミングしたシマ=天王寺私園に付した名は”てんしば”だとか。この破廉恥な私園にはタリーズカフェのようなものやファミリーマートのようなコンビニなどを営業させ、文字通り”生産性”をあげるアクドい工夫が為されている。もちろん、奴らの好きなようにコーディネートされた私園には契約されるだろう番犬どもも巡回させ、奴らにとって金を生まない金を落とさない”生産性”が無いとされるだろう総ての個々人をていよく排除できるようデザインされた場となることは言うまでもない。経済災害を含む災害の緊急避難場所としての機能を削ぎ落とし、避難場所としてのいち早い対応が出来るかどうか疑問であるその場は、意味不明な囲い込み実効支配を終えて鋼板やフェンスを取り除かれようとも、見えない壁をこしらえて”生産性”とやらをあげて利潤を搾ろうとする近鉄によって運営される。その場の入場が有料ではなくとも、奴らにとって”生産性のあがらない”個々人はどう取り繕うとも無用とされてしまう。”開園”行事には、大阪市長パシポトも出席して近鉄による20年におよぶ実効支配の開始と市からの故無き私園コーディネート権委譲を祝うという。