野宿者 のアーカイブ

路傍事情ポートレート☆大阪市東部路傍事情

Posted in 未分類 with tags , , , , on 02/07/2015 by voiceofrebel

★大阪市東部路傍事情―ある市辺境部の路傍より

メディアが”欧州のお荷物”としてギリシャ国家の話題を醸成している今、ここ”アジアのお荷物”である日本列島を実効支配する国家は、ギリシャ国家など足元にも及ばぬ負債をゴマカシ、アウトソーシングにどんどん任せながらも地位保全と自らの省力化に忙しい公僕どもには惜しみないボーナスを与えつつ、日本軍というバカ息子に高い高性能な(?)玩具群をあれもこれもと買い与え、”アメリカ占領軍さん有難う”の熱烈もてなしを行い続けて…なおも負債をせっせと増やしている。民衆の力は3S政策により確実に無力化されるかコントロールされ、あろうことか自ら”楽しいものだけ見ていれば良い”という思考回路の停止をした圧倒的多数が導かれた方向へ向かわせられている。多くの監視と縛りで動けなくされた民衆にはとっくの昔に武装解除が行われ、警察や日本軍のみがより一層武装を固めているにもかかわらず、更にジタバタしたり不平不満すら口に出来なくされる法が次々とラインアップされ強行採決を含めた議会制民主主義とやらで”合法的に”出現していく。偏向教育で10‐20代は圧倒的に極右志向となっており、さらに厳しい状況がラインアップしていくのは残念ながら間違いないだろう。

その状況に安堵して”唯々諾々だけが生き残る道だと知れ”と奴らは高笑いしている。

ギリシャ国家のことを言っている場合か。震災の傷跡さえもなおざりに”楽しいものだけ見ていれば良い”などという戯言もしくはアヘンを摂取しての連日連夜の浮かれ騒ぎに興じる梅田などの背広バカどもや梅田ごときでえらそうにする意味不明な連中の醸成するabenomiKKK$”好景気”とやらや、奴らの甘っちいい希望的観測には失笑と唾棄あるのみだ。

そんな虚飾の状況であろうとも、奴らが自らの観念世界で”最終解決”し、抹殺した”貧困者”も”野宿者”も”非定住者”も、何の裏打ちもない”好景気”とやらの虚飾を繕うための鬱陶しい奴らの所作や”他者の不幸の上に据えられた幸”に虐げられながら存在し生きている。

市辺境部某所では、今もやはり女性野宿者が時にどこかで世話になりながらも、さまよっている。他者とのコミュニケーションを現象的には断ちつつも、なおもその日々への憧憬を粘土の粒子ほどは携えてマンションなどの非常階段などで持参の段ボールを敷いてささやかな休息をとっている。そのほかは彷徨うか、ゴイサギのように一点に佇み続けるかである。多くの場で排除され続ける中で、もはや誰からの言葉も耳に入らぬよう心を閉ざしてしまったようだ。女性が声をかけても状況は同じであるが、見守りだけは続ける所存。

また、多くの場で精神障害者もしくは精神障害を負っている個々人が路傍でさまよっている。奴らが90年代最後に発表した野宿状況解消への施策の中の野宿者の3分類の中でも対策にのらない者(対策にのれない者)という分類をして、位置づけた個々人が他ならぬ精神障害者や認定されていないが何らかの精神障害などを負ってしまっている野宿者であったのだから、当然の結末なのだろうが、それ以上に精神医療の中に意味不明な自己責任と”自由”を持ち込んだ精神医療界の無責任と儲け本位が垣間見える。地獄の沙汰も金次第とばかりに、奴らは”医は錬金術である”と現象的に示しているのだ。

6月末ごろの状況において、市辺境部にてカントリをする個々人は野宿者およびその他貧困層である。野宿者ばかりがカントリをする状況は、少なくともここ5年のうちに消え、年金生活者・障害者・闇福祉業者に金づるにされている生活保護者、主婦が半分以上である。それは相対的貧困層が如何に増えたかという一つの証左でもある。

何人かの野宿者や貧困層のカントリをする個々人の話では、6月末のアルミ買取価は、釜ヶ崎の山田(衛生)で1キロ120円、アカ(銅)が1キロ600円とか(では、ピカは更に高いはずだが、そこまで上がっているのだろうか)…この夏場で、である。通常、この時期はアルミ買取価が下がり、キロ100円を割る場合が多いのだが。北京五輪前にアルミ買取価がキロ140‐150円という時代があったが、それには及ばないもののレートがあがっている。特にアカの値段が… それほど出にくいのだろうが。物価の値上がりに対応しての買取価ということなら良いが、そうでないなら、その後の暴落は北京五輪前のように多くのカントリで生計を立てている野宿者や片手間でも収入の大きな足しにしている個々人にとって大きな痛手となるだろう。そちらがどうしても気がかりである。今や、缶を取った場に近いところで買い取ってもらえる業者が、山田のような市内業者の出張買取などによって次々と太刀打ちできなくされて潰されていき、遠い釜ヶ崎に売りに行くしかない状況までつくられており、かさばる重量物を積載しての事故やパンクのリスクも一層付きまとってしまっているのも。(☆)

広告

*大拘死刑執行弾劾-天王寺夜回り26jun2014

Posted in 未分類 with tags , , , , , , on 29/06/2014 by voiceofrebel

大阪拘置所での死刑執行や反核活動家の関電総会前行動時逮捕後の今夜は雨で涼しい夜だった。ボーナスとやらで浮かれた上流酔っ払いドモは少数とはいえ相変わらず鬱陶しい。酒ぐらいなどと奴らを甘やかせること無かれ。奴らは確実に寄る辺無き我々個々人の敵でしかない。

100円ショップで必要なものを手に入れてしのぐことになる個々人はご存知だと思うが、同じ価格でも分量が減り、更に物価が上がっており、凶悪なU$A組系国家暴力団の忠実な構成員として戦争ごっこの玩具群を必要以上に購入し即応ヒットマンを新たに編成するなどして内外周囲を威圧し更なるカツアゲを行い続ける日本組アベ組長傘下のシマでは、一億総飯場状況の強制が続いているというのにボーナスとやらで舞い上がった上流労働者ドモや公務員ドモが夜毎浮かれて酒を喰らい路傍仕事の個々人に狼藉・暴言を繰り返している。筆頭フロント企業である電力各社は茶番のシャンシャン総会で反原発株主や抗議者を蹴散らし、電気料金カツアゲ強化で原発総再起動の世論醸成を一段と強化して勢力回復している。何一つ浮かれる材料など無く、勝手にシマに住んでるからとされて流れ弾のトバッチリやカツアゲの暴虐無道に遭わねばならない我々寄る辺無き使い捨て労働者や障害者には筆舌に尽くし難い憤怒が日々蓄積されている。各種愚民洗脳プログラムで踊らせたり、高度情報操作でコントロールしても限界があることを覚えておけと言っておきたい。

…ともかくJR天王寺駅周辺で今夜も夜回りを行った。

天王寺駅前では、さまよう野宿者を除き、雨を避けて10名くらいがささやかな休息をとっていた。

天王寺公園内では、雨をしのぐ場が少ない中、15名以下がささやかな休息を得ていた。雨に濡れて座り込んで寝込んだ若い酔っ払いがいたが、反応があったため注意喚起と当人所持の傘をかぶせてやるだけにとどめた。

新世界側では15名くらいが屋根を求め休息をとっていた。
今夜は女性野宿者の話を聞き、お人よし&気前が良いにも程があると少々注意喚起をしておいた。闇福祉ビジネスのカモにされて喧嘩して路傍に来たというその人は、申請主義で助ける気も無い行政によるネグレクトで独居女性老人が健康に陰りを見せた後にたどる道を示している。

ワールドカップなる日の丸大好きサッカー馬鹿ドモの狼藉の可能性が無くなったものの、ボーナスとやらで浮かれた上流労働者どもの狼藉が予想されるため、来週もささやかながら夜回りを予定。(★)

☆天王寺夜回り12jun2014

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , on 14/06/2014 by voiceofrebel

大気が不安定で、各地で竜巻警報が出るなどする雨上がりの今夜は、比較的肌寒い夜だったが、浮かれる材料など何も無いのに浮かれた上流酔っ払いどもが平日にもかかわらず、エラそうに我が物顔で歩いていた。夜回り前に”脱法ハーブ”とやらか酒でラリった10‐20代の廃人ドモが意味不明なことをワメキ散し街路樹に喧嘩を売る横で休んでいた野宿者が致し方なく難を避けるために立ち去ったのに出くわしたが、それと入れ替えに来た制服警官があろうことかその野宿者を職質するので、”暴れとる奴はあいつや、この人は被害に遭いそうやから避難しはっただけや。はよ何とかしたってくれ”と一言言わねばならないハプニングも。その野宿者も”なんでこっちが職質されやなあかんねん、如何見てもアイツらに先聞かなあかんのちゃうんか”と当方にボヤキながら呆れていた。ともかく…

JR天王寺駅前では、さまよう野宿者を除き5名以上が休息をとっていた。天王寺公園では20名以上が野宿していた。常宿の野宿者ではない数人を見かけたが、そのうちダンボールをうまく確保できず半身程度しか敷物が無い方に持参していた物資カンパでいただいていたヨガマットを手渡し使っていただいた。新世界では10名以上が比較的静かな夜に休息をとっていた。来週以降は忌々しいことこの上ないワールドカップ馬鹿ドモも繰り出しろくな事が起こらないと思われるので、ささやかながら夜回りを継続する。(★)

*天王寺夜回り15may2014

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , , on 17/05/2014 by voiceofrebel

*天王寺夜回り15may2014

満月に近く雨上がりで、霧が既に死んだ天王寺・阿倍野地区の墓標として同地区開発者どもやabenomiKKK$詐欺のイリュージョンに浮かれた個々人のエエジャナイカ騒ぎを象徴するかのような超高層墓石”阿倍野ヤラカス”の上部を煙らせた今夜は、頭から湯気を上げる街の物騒なゴミである浮かれた酔っ払いどもを除く路傍の野宿者を寒からしめた肌寒い夜であった。

そんな中、JR天王寺駅周辺では、浮かれた上流酔っ払いどもの雄叫びや罵声、身勝手な嘔吐がこだまする状況で、さまよう野宿者を除き5名がささやかな休息の場を屋根のある場で確保していた。明日から天王寺公園有料地区内でテメェ勝手にはじめられるという”オクトーバーフェスト”なる命名センスすら疑わざるを得ない狂宴がはじまれば一層鬱陶しい状況が生まれ、路傍で野宿する個々人は街の物騒なゴミである浮かれた酔っ払いどもの意味不明な敵対や襲撃と向き合わねばならなくされる。上品ぶった冷血abenomiKKK$野郎が雲霞の如しの梅田ほどではないにせよ、駅周辺も例外ではない。天王寺公園では数少ないひさしのある場で20名以上がささやかな休息をえていた。同園内では有料地区で始められるという夜9時過ぎまでのビアガーデン=狂った宴のためにデコレーションも施されており、動物園内の動物のフラストレーションも増すことだろう。その後には梅雨とともにやってくる鬱陶しいサッカーファシストどもの狂宴であるワールドカップ”world KKKup”も控えており、災禍が絶えず迷惑な話である。園内東側ではこうこうと灯された街灯のもと、意味不明な”バス駐車場”でスケボーどもやダンスパフォーマーどもも新たに現れて深夜も騒々しい空間が出来上がってしまっており、まさに多重苦だ。園内新世界側では新たなバス駐車場工事が続いており、動物への配慮とは程遠い大阪市=天王寺動植物公園事務所のあり方はマスマス全面展開している。西成公園をはじめとする同公園事務所管内公園群で野宿者排除のための”檻のような柵群”を必死に設置して野宿者や公園利用者を排除した”暴力的公園統治者”としてのあり方を居直り、”私園”での横暴・暴虐をも全面展開していく奴らのやり口は一貫してとどまることを知らない。かつて”市職員(役人)も労働者じゃないか”などと赤旗を嬉々として振る赤色活動家が甘い認識で対峙を後退させ”攻撃しないよう説得すべきだ”などと妄言を吐いていたが、自ら抗拒せず統治機構の手となり足となって野宿者に襲いかかった公務という名の戦争行為を最前線で行い戦闘服を着た”戦闘員”を”同じ労働者だ”などという戯言など何の意味もなく、説得も意味をなさないのは言うまでもない。奴らは単に敵でしかないことを忘れるべきではないのだ。新世界ではさまよう野宿者を除き10名以上が休息をとっていたが、ある常宿場では今夜は野宿者が見当たらず、うち数名が別の場で休息していたことから何か嫌がらせなどがあった可能性があり、話を聞いてみたが確認できなかった。口ぶりが重かったことから、何らかのトラブルがあったのは間違いがない。

ともかく、浮かれた個々人による野宿者への嫌がらせや襲撃が予想される時節なので、アベノミクスによる戦線脱落者どもが浮かれようとも、たとえ孤立無援の四面楚歌だろうとも天王寺・布施夜回りの会では来週以降も可能な限り夜回りを継続する予定である。(★)

*天王寺夜回り8may2014

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , , , , on 09/05/2014 by voiceofrebel

*天王寺夜回り8may2014

急な激雨が降ったというのに五月連休とやらが続く上流”労働者”どもと浮かれたアベノミクスええじゃないか野郎どもの狂宴が300m級超高層墓石=阿倍野ヤラカス下にある動物園の獣の悲鳴とともに聞こえる鬱陶しい今夜も、そこここに背広の酔っぱらいドモが醜態を曝し、”俺様らの天下やぞ”とばかりに道一杯にのさばるフラストレーションの高まる中で夜回りを行った。今夜は雨の後、少し冷え込んだが、JR天王寺駅前で数名、天王寺公園内で20名くらい(さまよう野宿者を除く数。当然の事ながら、実数はぼかして表示)、新世界で10名以上がささやかな休息を得ていた。
天王寺公園内有料地区では、隣接する動物園の動物への配慮をいつの間にかかなぐり捨て利潤追求に邁進する大阪市=天王寺動植物公園事務所と奴らを唆せる群の画策によるイベントファシズムが次々とラインナップしている。政官財とそれに価値観を共有する民の群のオゾマシイ笑い声が吹き荒れる中にも、その地でささやかな休息を得てきた野宿者が可視不可視の排除に遭いながらもいるしかないことを忘れてはならない。五月に”オクトーバーフェスト”などと称した意味不明なビアガーデンを天王寺公園有料地区で強行するなど、まさに利益誘導のためならナリフリ構わぬ無粋さをパワーアップした政官財民総グルミのイベントファシズムを継続することによって奴らがスラムクリアランスを完成させて行くのは言うまでもない。だからこそ、”そんなイベントに目くじらを立てんでもええやん”などという甘甘な認識になど耳も貸せないのだ。システムという遠心分離器に振り落とされぬよう必死にしがみつく我利我利亡者の野蛮な雄叫びの群がある一方で、振り落とされた大多数の悲鳴群がこだまする現実を直視するために。そして懲りずに未だ遠心分離器に喜々としてし がみつこうとする我利我利亡者と価値観を共有する”人狼”の群の忠誠を証す手みやげのための犠牲にならないために。
マルコムXの言葉を借りるなら、主に忠実な”家の奴隷”よりも、虐げられながらも主に叛逆する余地のある”野の奴隷”のあり方を少なくとも自らのものとしてあらがい闘うために。vi venkos. la batalo continuos…(★)

*上層労働者ドモの”五月連休”弾劾-今週も夜回りを予定

Posted in 未分類 with tags , , , , , , , on 29/04/2014 by voiceofrebel

昭和の卑・浮かれた上層”労働者”ドモの”五月連休”弾劾-今週も夜回りを予定

 

今週もJR天王寺駅周辺で野宿者のための夜回りを行う予定です。

参加の意志がある方は、路傍で野宿をせねばならない状況の野宿者が容易に携行出来、置き場に困らない、役に立つものを”必ず一品持ち寄りで”おいでください。

#多くの野宿者は、荷物を置く場など無く、持ち歩くしかありません。布団や持ち運びが容易ではない毛布などはそういう事情でお断りしています。

集合時間や場所などの詳細は、 kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(dOt)ca まで必ずメールにてお問い合わせください。(aT)=@, (dOt)=.

also on this week, we,tennouji-fuse nightpatrol for mutual-aid, will try to organize a tiny nightpatrol for homeless persons living on the public spaces in a part of tennouji-area, osaka city.

…for more infos or details: kitakawachi_nojuku(aT)yahoo(doT)ca

*天王寺夜回り6feb2014

Posted in 未分類 with tags , , , , , on 07/02/2014 by voiceofrebel

*天王寺夜回り6feb2014

-*-大阪…朝の最低-2度/ 日中の最高8度-*-

 旧暦では立春を過ぎたものの、浮かれたabenomiKKK$エエジャナイカ野郎どもは別として厳冬が当然ながら続く。上記のように、明朝の大阪の最低気温はマイナス2度となっており、風もあって路傍はまさに極寒が予想されるため、今夜も大阪・天王寺駅周辺にて同地の野宿者に簡易カイロと幾ばくかの銀マットを手渡す夜回りをささやかながら行った。300m超高層ビル開業まで30日を切ったとかで何やら窓文字を表示する”阿倍野ヤラカス”に便乗してかJR天王寺駅も胡散臭い工事を行い、寒さも相まって同駅前ではさまよう野宿者を除き2名のみで、常宿の方は見えず。更に厳しい状況の天王寺公園では女性野宿者たちを含む20名以下で、必要だと意思表示いただいた2名に銀マットを手渡した。またしても、公園内ベンチの”水拭き消毒清掃”が2月7日に予定されている旨の天王寺動植物公園事務所による貼り紙があり、先月に続き2度目の”ていの良い排除のための工夫”が同事務所によって明日に行われるようだ。雨天中止ではあるようだが、この厳寒の日にワザワザやるのも意図的であると言うよりほか無い。

ともかく、”貼るカイロ”は好評であった。銀マットを所望の2名は地面からの冷気を遮断し少々弾力性もある中古の銀マットを早速喜んで敷いておられた。(★)